背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
令和6年能登半島地震への支援状況について

能登半島地震に対する豊橋市の支援状況一覧(令和6年2月14日午前12時00分時点)

 名称  期間  所属  人数 車両台数
緊急消防援助隊 第1次隊 1月1日から1月4日まで 消防本部

18

5

緊急消防援助隊 第2次隊(第1次隊と交代)

1月4日から1月7日まで 消防本部 18 6
緊急消防援助隊 第3次隊(第2次隊と交代) 1月7日から1月10日まで 消防本部 18 6
緊急消防援助隊 第4次隊(第3次隊と交代) 1月10日から1月13日まで 消防本部 18 6
緊急消防援助隊 第5次隊(第4次隊と交代) 1月13日から1月16日まで 消防本部 18 6
緊急消防援助隊 第6次隊(第5次隊と交代) 1月16日から1月19日まで 消防本部 10 4
緊急消防援助隊 第7次隊(第6次隊と交代)

1月19日から1月22日まで 

消防本部  7 3
緊急消防援助隊 第8次隊(第7次隊と交代) 1月22日から1月25日まで 消防本部 7 3
緊急消防援助隊 第9次隊(第8次隊と交代) 1月25日から1月28日まで 消防本部 7 3
緊急消防援助隊 第10次隊(第9次隊と交代) 1月28日から1月31日まで 消防本部 7 3
緊急消防援助隊 第10次隊(追加隊) 1月31日から1月31日まで 消防本部  3 1
災害派遣医療チーム(DMAT)第1次隊 1月2日から1月5日まで 市民病院 5 2
災害派遣医療チーム(DMAT)第4次隊
1月8日から1月10日まで 市民病院 5 2
災害派遣医療チーム(DMAT)第6次隊 1月26日から1月29日まで 市民病院 5 2
災害派遣医療チーム(DMAT)第6次隊 追加 2月6日から2月10日まで 市民病院 2 0
災害支援ナース 2月11日から2月14日まで 市民病院 1 0
応急給水隊 1月2日から1月22日まで 上下水道局 延べ11 2
応急復旧隊 1月22日から当分の間 上下水道局 延べ23 3
下水道調査隊 1次調査(地上からの目視調査) 1月8日から1月13日まで 上下水道局 4 1
下水道調査隊 2次調査(テレビカメラ調査) 1月22日から1月29日まで 上下水道局  2 1
下水道調査隊 2次調査(調整役) 2月11日から2月26日まで 上下水道局 1 1
被災建築物応急危険度判定士の派遣 1月11日から1月14日まで 建設部 2 0
被災宅地危険度判定士の派遣 2月16日から2月18日まで 建設部 3 0

被害認定調査職員の派遣(第1陣)

1月14日から1月21日まで 財務部 1  1
被害認定調査職員の派遣(第3陣) 1月28日から2月4日まで 財務部 1 1
保健師の派遣

1月21日から1月27日まで

2月10日から2月16日まで

健康部 各1 0

災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT)

2月1日から2月8日まで 健康部 2 0
災害時健康危機管理支援チーム(DHEAT) 2月13日から2月20日まで 健康部 1 0
中核市相互応援協定に基づく派遣

2月13日から2月16日まで

3月18日から3月22日まで

総務部 各4 0
支援物資の提供 1月4日に受け渡し 防災危機管理課 - -
募金箱の設置 1月4日~ 福祉部 - -
市営住宅の提供(住宅課ホームページ) 1月10日~ 建設部 - -

2月14日 発表

被災宅地危険度判定士を派遣(1回目)します

 

石川県より国土交通省への被災宅地危険度判定士の派遣要請が愛知県を通してありましたので、建設部土木管理課・道路維持課・建築指導課から被災宅地危険度判定士を派遣します

派遣先:石川県河北郡(かほくぐん)内灘町(うちなだまち)の被災地

派遣体制:技師職員3名

派遣日程:2月16日から2月18日の3日間

業務内容:被災宅地の危険度判定を行います

2月13日 発表

災害支援ナースを派遣(1回目)しました
日本看護協会からの派遣要請を受けて、豊橋市民病院の災害支援ナースを派遣しました。

派遣先:いしかわ総合スポーツセンター(金沢市)
派遣日程:令和6年2月11日から2月14日まで
派遣体制:災害支援ナース 1名
業務内容:看護ケア、環境の整備、診療の介助等
下水道調査隊を派遣(3回目)しました
愛知県を通じた石川県からの派遣要請を受けて、下水道管調査の拠点における調整のため、石川県金沢市や内灘町などへ、下水道調査隊 二次調査(調整役)として1名を派遣しました。(2月11日から26日まで)

2月8日 発表

金沢市へ応援職員を派遣(1回目)しました

haken

中核市災害時相互応援に関する協定に基づき、金沢市長より応援要請がありましたので、下記により応援職員4名を派遣します。事務職の派遣者3名は公募により決定しました。
派遣先:石川県金沢市
派遣体制:事務職3名、技術職(建築)1名
派遣日程:2月13日(火曜日)から2月16日(金曜日)まで(4日間)

業務内容:
・みなし仮設申請受付業務(事務職)
・応急修理申請事務(建築職)
災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣(4回目)しました
災害派遣医療チーム(DMAT)第6次隊追加(ロジスティックチーム)として、豊橋市民病院職員2名が2月6日に出発しました。
派遣先:輪島市保健医療福祉調整本部(輪島市)

1月31日 発表

緊急消防援助隊を派遣(11回目)しました
第10次隊【追加隊】として、消防本部職員3名が1月31日午前3時40分に出発しました。

1月29日 発表

緊急消防援助隊を派遣(10回目)しました
第10次隊として、消防本部職員7名(後方支援小隊)が1月28日午前3時30分に出発しました。(第9次隊と交代)
被害認定調査職員を派遣(2回目)しました

愛知県家屋被害認定士として登録された市民税課の職員が、第3陣として石川県志賀町へ1月28日に出発しました。

1月25日 発表

緊急消防援助隊を派遣(9回目)しました
第9次隊として、消防本部職員7名(後方支援小隊)が1月25日午前3時00分に出発しました。(第8次隊と交代)
災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣(3回目)しました

災害派遣医療チーム(DMAT)第6次隊として、豊橋市民病院職員5名が1月25日午後1時00分に出発しました。
派遣先:能登中部保健医療福祉調整本部(七尾市)

1月22日 発表

DHEAT(災害時健康危機管理支援チーム)を派遣します

被災地支援のため、石川県の要請に基づく厚生労働省からの依頼により、愛知県と中核市の合同でDHEAT(災害時健康危機管理支援チーム)を派遣します。

派遣先:石川県石川中央保健福祉センター(石川県白山市)

派遣体制:(1)獣医師1名、保健師1名の2名 / (2)医師1名
派遣日程:(1)令和6年2月1日から2月8日まで / (2)令和6年2月13日から2月20日まで

業務内容:

・健康危機管理組織の立ち上げと指揮調整体制の構築
・被災情報などの収集及び分析評価、対策の企画立案
・保健医療活動チームの受援調整及び対策会議等による総合指揮調整 等

下水道調査隊を派遣(2回目)しました

下水道調査隊2回目の出発の様子

(画像:1月22日出発前の様子)

被災地支援のため、愛知県を通じた石川県からの派遣要請を受けて、石川県内灘町へ豊橋市上下水道局から下水道調査隊(二次調査)を派遣しました。

緊急消防援助隊を派遣(8回目)しました

第8次隊として、消防本部職員7名(後方支援小隊)が1月22日午前4時00分に出発しました。(第7次隊と交代)

1月19日 発表

応急復旧隊を派遣します

日本水道協会を通じた石川県七尾市から水道管の応急復旧の応援要請により、豊橋市上下水道局と豊橋上下水道工事業協同組合から応急復旧隊を派遣します。

派遣先:石川県七尾市

業務日程:1月22日から当分の間

派遣体制:豊橋市上下水道局:上下水道局職員6名(うち田原市職員1名)、車両3台 / 豊橋上下水道工事業協同組合:組合業者5名、車両4台

業務内容:断水地域において給水車を用いて漏水調査、修繕活動を行います。
緊急消防援助隊を派遣(7回目)しました

第7次隊として、消防本部職員7名(後方支援小隊)が1月19日午前3時00分に出発しました。(第6次隊と交代)※派遣していた救急小隊(救急車)は、帰還します。

1月16日 発表

提供する市営住宅を追加します

能登半島地震で被災された方に対する支援として、提供している市営を追加します。詳細は (住宅課ホームページ) でご確認ください。

緊急消防援助隊を派遣(6回目)しました

第6次隊として、消防本部職員 10名(救急小隊、後方支援小隊)が1月16日午前3時00分に出発しました。(第5次隊と交代)

1月12日 発表

被害認定調査職員を派遣します

被害認定調査員激励の様子

(画像:1月12日、出発前の市長・両副市長からの激励の様子)

愛知県を通じ被災した住家の被害認定調査職員の派遣要請がありましたので、石川県志賀町へ、資産税課の愛知県家屋被害認定士として登録された職員を派遣します。

派遣先:石川県志賀町

派遣日程:1月14日から1月21日まで

派遣体制:愛知県家屋被害認定士 1名

業務内容:被災者への罹災証明書(災害による被害の程度を証明する書面)の交付に係る住家の被害状況の調査

緊急消防援助隊を派遣(5回目)します

第5次隊として、消防本部職員10 名(救急小隊、後方支援小隊)が1 月13 日午前3時00 分に出発します。(第4次隊と交代)
※派遣していた救助小隊、特殊装備小隊(救助工作車、水陸両用車)は、帰還します。

1月10日 発表

保健師を派遣します

厚生労働省を通じた保健師等派遣要請に基づき、愛知県、中核市との合同チームを編成し、保健師の派遣を行います。

派遣先:石川県七尾市 等

派遣日程:1月21日から1月27日まで / 2月10日から2月16日まで

派遣体制:上記期間に保健師 各1名(チーム編成:保健師2~3名、薬剤師・獣医師等1名、業務調査員1~2名)

業務内容:被災者の健康相談・健康チェック、避難所の衛生対策・感染症対策 等

被災建築物応急危険度判定士を派遣します

11日出発前の報告の様子

(画像:1月11日午前9時頃、市長および両副市長への出発前報告の様子)

愛知県からの支援要請を受けて、石川県へ建設部建築課・建築指導課から被災建築物応急危険度判定士2名の派遣を行います。

派遣先:石川県輪島市、珠洲市、穴水町、能登町内の被災地を予定

派遣日程:1月11日から1月14日まで

派遣体制:技師職員2名

業務内容:被災建築物の応急危険度判定を行います。

市営住宅を提供します

能登半島地震で被災された方に対する支援として、市営住宅を提供します。詳細は (住宅課ホームページ) でご確認ください。

緊急消防援助隊を派遣(4回目)しました

第4次隊として、消防本部職員18名が1月10日に出発しました(第3次隊と交代)

1月9日 発表

下水道調査隊を派遣(1回目)しました

下水道調査隊出発の様子

(画像:1月8日午前6時頃、出発の様子)

愛知県を通じた石川県からの派遣要請を受け、豊橋市上下水道局から下水道調査隊を派遣しました。

派遣先:石川県津幡町・七尾市

派遣日程:1月8日から1月16日まで(9日間)

派遣体制:上下水道局員4名、ライトバン1台(マンホールキー、酸素濃度計等を持参)

業務内容:被災地域において下水道の調査活動を行います

緊急消防援助隊を派遣(3回目)しました

第3次隊として、消防本部職員18名が1月7日に出発しました(第2次隊と交代)

災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣(2回目)しました

災害派遣医療チーム(DMAT)第4次隊として、豊橋市民病院職員5名が1月8日に出発しました

1月5日 発表

緊急消防援助隊 第1次隊(1月1日から1月4日まで)活動内容

消防活動の様子

(画像:緊急消防援助隊の現地活動の様子)

愛知県大隊の主要部隊として輪島市門前町にて救助・救急活動に従事

救助小隊:出動2件 がけ崩れ、倒壊家屋現場に出動
救急小隊:出動2件 現地職員が同乗して出動
後方支援小隊:愛知県大隊の宿営地の設置及び給食活動等
活動隊員所感:現地は想像以上の壊滅状態で、道路の崩壊、家屋の倒壊はいたるところで発生している。大雨によりずぶ濡れになったことも影響し、寒さに耐えながらの活動となったが、出動途上にすれ違う多くの住民が我々消防隊に頭を下げ、感謝の気持ちを示されたことが力となり、隊員全員の士気は高い。

災害派遣医療チーム(DMAT) 第1次隊(1月2日から1月5日まで)活動内容

1月2日午後9時00分:公立能登総合病院到着
1月3日午前8時30分:珠洲市総合病院への支援決定
1月3日午後4時20分:珠洲市総合病院到着、病院支援活動を実施
1月4日午前9時00分:病院支援及びヘリ搬送業務を実施(搬送 珠洲市総合病院→金沢大学附属病院 自衛隊航空機搬送 3便)
1月5日午前:第2次派遣の隊に引継ぎ完了次第撤収

応急給水隊(1月3日~4日)活動内容

給水隊活動の様子

(画像:応急給水隊の現地活動の様子)

1月3日:4t給水車は公立河北中央病院の貯水槽にピストン輸送。物資運搬用2tトラックは羽咋市に仮設給水槽各1基を3か所に設置。その後、津幡町内で給水活動。
1月4日:給水車は津幡運動公園で給水活動(午前9時~ 午後5時)。2tトラックは、仮設給水槽7基と給水袋800枚を志賀町文化ホールに運搬。その後、帰豊。
職員のコメント:「支援先の職員さんからも豊橋市からの応援に感謝の言葉をたくさんいただきました。」

支援物資を提供しました

支援物資

(画像:1月4日午前10時30分頃、支援物資引き渡しの様子)

公益社団法人日本青年会議所東海地区愛知ブロック協議会が令和6年能登半島地震の被災地へ支援物資を搬送するのに伴い、公益社団法人豊橋青年会議所経由で支援物資を提供しました。

日時:1月4日 午前10時30分受け渡し
品目:飲料水(500㎖)240本 / おむつ 47箱 / 生理用品 20,000 枚 / 凝固衛生袋セット 20,000 セット / 簡易トイレ+ワンタッチテント 100台 / ブルーシート1,000枚 / 標識ロープ 100巻 / 土嚢袋 20,000枚

募金箱を設置します

被災された方々への義援金を募るため、市の施設やイベント会場に募金箱を設置します。

期間:令和6年1月4日~ 準備のできた施設より順次設置
設置場所:豊橋市役所及びまちなか図書館 、総合動植物公園 、地区市民館(22館)など市の施設53施設 やイベント会場 等を予定

緊急消防援助隊を派遣(2回目)しました

第2次隊として、消防本部職員18名が1月4日に出発しました(第1次隊と交代)

1月2日 発表

災害派遣医療チーム(DMAT)を派遣(1回目)しました

DMAT出発の様子

(画像:1月2日午前12時00分頃、出発の様子)

厚生労働省DMAT事務局からの要請により、災害派遣医療チーム(DMAT)第1次隊として、豊橋市民病院職員5名が1月2日に出発しました。

派遣先(参集地):公立能登総合病院

派遣日程:1月2日から1月5日まで

派遣体制:豊橋市民病院職員5名(医師1名、看護師2名、診療放射線技師1名、薬剤師1名)、車両2台(DMAT車1台、ドクターカー1台)

豊橋市応急給水隊を派遣しました

1月2日給水隊出発の様子

(画像:令和6年1月2日午後2時頃、出発の様子)

日本水道協会を通じた石川県津幡町からの給水車の派遣要請により、豊橋市上下水道局から応急給水隊として職員4名が1月2日に出発しました。

派遣先:石川県津端町 ほか

派遣日程:1月3日から当分の間

派遣体制:上下水道局職員4名、4t給水車1台、2tトラック1台(仮設給水槽、給水袋等を持参)

1月1日 発表

緊急消防援助隊を派遣(1回目)しました

緊急消防援助隊1月1日出発の様子

(画像:令和6年1月1日午後7時30分頃、出発式の様子)

愛知県からの緊急消防援助隊の出動指示を受け、緊急消防援助隊として職員18名、車両5台が1月1日に出発しました。

派遣先:石川県輪島市

派遣日程:1月1日から1月4日まで

派遣体制:消防職員18名、車両5台(救助工作車、救急車、水陸両用車、拠点機能形成車及び人員輸送車)