本文へ移動
メニューへ移動
耐震診断結果の報告が義務付けられた建築物(要安全確認計画記載建築物)の耐震診断結果

 建築物の耐震改修の促進に関する法律第9条の規定に基づき、耐震診断の結果の報告が義務付けられた建築物(要安全確認計画記載建築物)の耐震診断の結果を公表しています。

  

要安全確認計画記載建築物(通行障害既存耐震不適格建築物)

対象建築物

 昭和56年5月31日以前に新築の工事に着手した建築物で、敷地が愛知県建築物耐震改修促進計画に記載された耐震診断義務付け道路に接し、地震により倒壊した場合、前面道路の幅員の半分以上を閉塞するおそれのある建築物。

   要安全確認計画記載建築物の要件[PDFファイル/130KB]

    

耐震診断結果

 建築物の耐震改修の促進に関する法律第9条の規定に基づき公表する耐震診断結果です。

   要安全確認計画記載建築物(通行障害既存耐震不適格建築物)の耐震診断結果[PDFファイル/109KB]

耐震診断の方法及び安全性の評価

 耐震診断の結果の報告が義務付けられた建築物の耐震診断に用いる耐震診断の方法及び安全性に関する事項について、附表にまとめています。
(耐震診断結果と附表の対応については、「結果の見方」をご覧ください。)

   附表 耐震診断の方法及び安全性に関する事項[PDFファイル/120KB]  
   結果の見方と記号の説明[PDFファイル/84KB]