背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
木造住宅の耐震化について(無料耐震診断~改修への流れ)
  • 豊橋市では、昭和56年5月31日以前に建築された在来工法の木造住宅について、無料で耐震診断を受けていただくことができます。
    無料耐震診断の結果、耐震性能(地震に対する強さ)が1.0未満で「倒壊する可能性がある」となった住宅について、皆様に耐震化に取り組んでいただけるよう、様々なメニューを用意していますので、「住まいの耐震化」を検討してください。

昭和56年5月以前に建築された建物は、建築基準法に定める耐震基準が強化される前の、いわゆる「旧耐震基準」によって建築され耐震性が不十分なものが多く存在します。


住まいの耐震化についての補助事業のイメージ

 まずは「木造住宅無料耐震診断」を受けてお住いの耐震性をチェックしましょう。

     ↓   (既に診断済で結果が分からない方はご連絡ください)

耐震診断の結果

評点 0.7未満  0.7以上1.0未満  1.0以上 
 

 倒壊する可能性が

高い

 倒壊する可能性がある  一応倒壊しない

  倒壊の可能性が高い、または倒壊の可能性がある場合は住まいの耐震化の検討をしてください。


耐震化
の検討

住まいに

住み続けたい方 

住まいを

解体したい方 

流れ        ↓              ↓   
  耐震改修工事をしたい  高額な耐震改修工事は困難 
 ↓ 
 部分的な改修をしたい 命を守る空間をつくりたい 
↓ 
住宅耐震改修補助

段階的住宅耐震改修補助

耐震シェルター整備費補助

住宅解体工事費補助 

リンク

補助条件

設計・施工者

無料相談         

事例(外部リンク)

補助条件

設計・施工者

無料相談

事例(外部リンク) 

補助条件

耐震シェルターとは

補助条件

           
申請
受付状況

令和4年度分終了

令和4年度分終了

令和4年度分終了

令和4年度分終了