本文へ移動
メニューへ移動
小児慢性特定疾病医療費支給認定
下記対象疾患にかかっていることにより、長期にわたり療養を必要とする児に対し、 必要な医療費及び入院時食事療養費の給付を行っています。
詳細は国のホームページをご覧いただくか、こども保健課までお問い合わせください。
申請場所 豊橋市保健所 こども保健課(ほいっぷ 1階)
対象となる方

新規申請は豊橋市に住所を有する18歳未満の児
更新申請については豊橋市に住所を有する20歳未満の児
(どちらも児の誕生日の前日まで)

※申請日から対象となります。申請日より前にかかった費用は助成対象外ですのでご注意ください。

対象疾患

悪性新生物、慢性腎疾患、慢性呼吸器疾患、慢性心疾患、内分泌疾患、膠原病、糖尿病、先天性代謝異常、血液疾患、免疫疾患、神経・筋疾患、慢性消化器疾患、染色体又は遺伝子に変化を伴う疾患、皮膚疾患、骨系統疾患、脈管系疾患(一定の条件があります)

※詳細はこちら(小慢情報センターホームページ)

申請書類
  • 窓口で記入する書類
    • 小児慢性特定疾病医療費支給認定申請書
    • 同意書
    • 重症患者認定申告書(該当者のみ)

     

  • 申請時に添付する書類
    • 小児慢性特定疾病医療意見書(医療機関で交付されます)
    • 人工呼吸器装着等証明書(該当者のみ。医療機関で交付されます)

     

  • 持参していただくもの
    • 健康保険証(加入している医療保険が社会保険の場合は被保険者と対象児童分の保険証、国民健康保険・国保組合の場合は同じ保険に加入している世帯全員分の保険証が必要です)
    • マイナンバーのわかる書類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバーが記載された住民票など)
    • 来所される方の顔写真付き身分証明書(運転免許証、マイナンバーカード、在留カード等)
    • 身体障害者手帳(お持ちの方のみ)
    • 課税(非課税)証明書(必要な方のみ)※下記注意事項をお読みください
注意事項

【課税(非課税)証明書について】

・6月30日以前に申請の場合…前年1月2日以降に豊橋市へ転入された方は、転入前市区町村が発行した課税(非課税)証明書が必要となります。(申請時点で取得できる最新のもの)

・7月1日以降に申請の場合…その年の1月2日以降に豊橋市へ転入された方は、転入前市区町村が発行した課税(非課税)証明書が必要となります。(申請時点で取得できる最新のもの)

・加入している医療保険が国保組合の方は、長年豊橋市に在住しているかたであっても、同じ保険に加入している16歳以上の方全員分の課税(非課税)証明書が必要ですので、あらかじめご用意いただき、申請書と併せてご提出ください(保険者に提出するため。)。提出がないと、受給者証の発行ができません。

【医療意見書の審査について】

・提出いただいた 医療意見書は、愛知県中核市小児慢性特定疾病審査会において、各分野の専門医が審査します。審査の結果、 不承認または保留となることがあります

実施要綱等

豊橋市小児慢性特定疾病医療費支給認定実施要綱/PDF345KB

日常生活用具給付

 

小児慢性特定疾病児日常生活用具給付
小児慢性特定疾病医療給付の対象児童に対して日常生活用具(便器、特殊マット、特殊便器、特殊寝台、歩行支援用具、入浴補助用具、特殊尿器、体位変換器、 車椅子、頭部保護帽、電気式たん吸引器、クールベスト、紫外線カットクリーム、ネブライザー、パルスオシキメーター、ストーマ装具、人工鼻)の給付を行っています。申請には一定条件が必要となりますので、お問い合わせください。

※本事業は、豊橋市小児慢性特定疾病児童等日常生活用具給付事業実施要綱/PDF1423KBに基づき実施しています。

 

その他

小児慢性特定疾病医療費助成(払い戻し)について
こちらのページをご覧ください。

小児慢性特定疾病指定医療機関・指定医について
こちらのページをご覧ください。