本文へ移動
メニューへ移動
曙学校給食センターがオープンしました

平成29年度より実施していました「豊橋市新学校給食共同調理場(仮称)整備等事業」が令和3年度にしゅん工を迎えました。令和4年4月1日、「豊橋市曙学校給食センター」が供用開始しました。

豊橋市曙学校給食センターパンフレット( 2047KB )

曙学校給食センター外観

施設概要

施設名称

豊橋市曙学校給食センター 
住所 豊橋市曙町字南松原162 番地の1
構造規模  鉄骨造2階建て 
敷地面積 13,298.21平方メートル
延床面積 6,118.38平方メートル
調理能力 12,000食/日
調理方式 ドライ方式

主な諸室(1階)

荷受検収室、野菜下処理室、肉魚卵調理準備室、計量室、上処理室、和え物室、

煮炊き調理室、焼物・揚物・蒸し物室、コンテナ室、洗浄室など

主な諸室(2階) 試作室、研修室、食堂など
受持学校

小学校:幸小学校など19校

中学校:高師台中学校など7校

くすのき特別支援学校

(合計27校)

施設の特徴

アレルギー対応特別室

食物アレルギー対策として、専用の調理室(アレルギー対応特別室)を設置し、対象のアレルゲンを持ち込むことなく、アレルギー対応調理責任者、 調理員のもと、安心・安全な除去食を調理します。

アレルギー対応特別室

災害や省エネにも配慮

非常用発電機の採用で、万が一の時も給食調理可能な電力を確保します。また、全照明にLEDを採用し、節電にも配慮されています。

 

しゅん工式を執り行いました

 曙学校給食センターの供用開始に先立ち、令和4年3月21日(祝)にしゅん工式を行いました。

 テープカットのほか見学コーナーからの内覧、給食の試食等を、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を徹底の上実施しました。

しゅん工式テープカットの様子

試食会で提供された献立