背景色 文字
本文へ移動
メニューへ移動
令和5年6月2日の台風2号に伴う大雨災害支援に係る要望調査について

調査の概要

 愛知県は令和5年9月末に令和5年6月2日の台風2号に伴う大雨被害を受けた被災農業者に対する支援事業の内容を発表しました。

対象者 農業用機械や農業用施設等に被害を受けた農業者 圃場で農作物等が被害を受けた農業者 
要件 農機具共済等の資産補償に加入済みまたは加入することが確実であること 収入保険等の収入補償に加入済みまたは令和6年作に加入することが確実であること
対象経費 農業用機械や農業用施設等の修繕費、再取得費、撤去費等  営農継続に必要な種苗や農業資材の購入費等

 これを受けて本市では同事業の活用する場合の所要額の算定を進めてまいります。つきましては、所要額の算定に必要がありますので、被害を受けた方については、本事業の要望調査へのご協力をお願いします。

要望調査の方法

〇調査の対象者

 令和5年9月14日付けで市内の農業者向けに送付した被害状況調査票について、被害があった旨を記載し回答いただいた方(令和5年10月10日付けで対象者へ依頼文を郵送済み) 

 

〇調査の方法

 市が指定した時間に専用窓口にて、書類の確認や申込書の記載、被害状況のヒアリングなどを実施

 

〇調査の受付期間

 令和5年10月16日(月)から令和5年10月20日(金)

留意事項

〇被害状況調査票を回答いただいていない方について

依頼文は郵送しておりませんので、本事業の要望を出される場合は豊橋市役所農業支援課「被災農業者営農支援事業」担当(0532-51-2473)までご連絡ください(令和5年10月18日まで)。

 

〇本要望調査の回答について

この要望調査は支援の必要額の算定に用いますので、回答いただけない場合、支援の対象とならない場合がありますので、ご承知おきください。