本文へ移動
メニューへ移動
56年ぶりにオリンピック聖火が豊橋市にやってくる!東京2020オリンピック聖火リレーについて

 令和元年6月1日11時30分に東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会及び愛知県実行委員会事務局より「オリンピック聖火リレーのルート概要」の発表が行われました。

その中で、豊橋市が開催自治体に選出されましたので、豊橋市長のコメント並びに豊橋での開催日程を速報としてお伝えします。

市長のコメント

東京2020オリンピック大会まで500日を切り、日々その機運が高まる中、オリンピッ
クのシンボルであるオリンピック聖火が56年振りに豊橋を通過することが決定したと
の吉報をいただき、誠に嬉しく思います。
  今回の東京2020オリンピックは復興五輪と称され、聖火リレーもNHK朝ドラ「エー
ル」で本市とつながっている福島からスタートします。この聖火は、新しい時代の希望
となるように復興に力を尽くされている方々には元気や力を、世界中からいただいた支
援や励ましには感謝を届け、困難を乗り越える人々の力・不屈の精神を伝えていくもの
と考えています。
豊橋でのオリンピック聖火リレーが復興に立ち向かっている方々を明るく励まし、
復興五輪の機運醸成につながるよう準備に努めてまいります。

開催日程等

豊橋での開催日 令和2年4月7日(火曜日)

聖火リレーランナー募集

・東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーである「日本コカ・コーラ株式会社」、「トヨタ自動車株式会社」、「日本生命保険相互会社」、「日本電信電話株式会社(NTT)」の4社と「各都道府県実行委員会」から応募可能です。

詳細は、 各募集先のウェブサイトや東京2020オリンピック聖火ランナー募集サイトをご覧ください。

愛知県実行委員会のランナー募集はこちらから(専用サイトへつながります。)

1964年の聖火リレーの様子

中部日本経済新聞(昭和39年10月4日(第8013号))(PDF)( 1465KB )

東愛知新聞(昭和39年10月4日(第2448号))(PDF)

東海日日新聞(昭和39年10月4日(第5522号))(PDF)