本文へ移動
メニューへ移動
ホストタウン専用サイト

SNSご覧ください!

インスタグラム

フェイスブック

東京2020オリンピック大会延期に伴う大会の位置づけ、原則、ロードマップが公表されました

 令和2年6月10日(水曜日)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)によって、国際オリンピック委員会(IOC)理事会に、東京2020大会の準備状況が報告されました。

 令和2年3月24日(火曜日)に大会の延期が決定した後、4月16日(木曜日)のエグゼクティブプロジェクトレビューでは、大会延期に伴う大会準備の枠組みについて合意されました。

 その後、様々な課題について議論が重ねられてきましたが、6月10日(水曜日)に2021年の大会の位置づけ、原則、ロードマップについてとりまとめられました。

 その結果について、東京2020組織委員会公式サイトにてご確認いただけますので、ご覧ください(クリックすると東京2020組織委員会公式サイトへ移ります)

原則

世界における経済、社会、医療の新たな状況に即し、延期に伴う費用と負担を最小化し、国民・都民から理解を得るべく、競技と選手に重点を置きつつ、サービス水準の見直しを含んだ効率化・合理化を進め、簡素(シンプル)な大会とする。

競技と選手については、基本を維持しつつ、必要かつ可能な場合に、新たな状況にも即した対応を行う。

・全ての大会関係者とパートナーと一体となって、下記の点を含め、華美なものとはせず、簡素(シンプル)な大会を実現する。簡素(シンプル)化は、コスト削減とコロナ対策の両面から求められる。

・大会関係者に対し東京大会への参加者の削減を要請

・特に予算影響の大きい分野を含め、全ての分野を対象に効率化・コスト削減を検討

・会場毎・関係者毎の検証にもとづくサービスレベルの見直し

・大会関連イベントの再検討

・ロードマップ (PDF 0.58MB)